壊れにくいネットワーク機器作り

ヤマハのネットワーク機器の品質管理の特集記事「なぜ壊れない?ヤマハのネットワーク機器の品質管理」に、壊れにくいルータを製造するコツが書いてありました。

壊れない理由の要約

■内省化

  ・中国の蘇州⼯場で内製化
  ・IT機器の品質は、基板の安定が重要なため、完全内製化
  ・電源も自社開発電源
  ・外装に関しても鈑⾦以外は内製が基本

■高い品質基準を設ける
  ・基板製造の品質基準は、AV機器よりも⾼い基準

■「⼯程設計」から品質を考える
  ・よい品質で安く作れるかを考え、製造工程をプロセス化していく
  ・過剰なまでに品質を意識した製造ラインの⽴ち上げをする

■重点的に受け⼊れ検査を⾏なう

■試験はスペック外までマージンをとって実施
  ・試験は、基本、加温、冷却、振動、落下試験がメイン
  ・カタログスペックからマージンをとった状態で様々な試験を実施
  ・電源が⼊っている状態で微振動させるような試験も実施
  ・他機器からの電波、雷、静電気などの影響、過電流や電圧などの電源も検証

    レストランの厨房や⼯場の劣悪な環境で使われることもある。
    スペック外の環境で使うのは奨励されることではないが、
    現場でそんなことを⾔っていられないのも事実。
         スペック外のテストまでやっている

■その他
 障害対応では、エンジニアの勘も必要。
 勘を働かせられるメンバーがいるのが強み