エネファームは赤字

エネファームの寿命が尽きました。

今での収支計算をするとエネファームは赤字でした。

設置してから7年4ヶ月17日で寿命でした。使ったのは2694日間です。

Enefarm発電時間累計旧型のエネファームは、発電時間の累計が4万時間になると、寿命に到達し停止します。

今日のエネファームの発電時間累計が、3万9554時間なので、停止まで446時間残っています。
1日平均14.時間41分発電していたので、あと1ヶ月ほどは持ちますが、交換しました。

7年間の実績

Enefarm実績

  • 発電回数:2493回
     (1日平均0.93回
  • 発電時間:、3万9554時間
     (1日平均14 時間41分)
  • CO2削減量:森6つ+木65本分
  • かかったお金:110万円

エネファームは年間6万円の赤字

旧エネファームにかかったお金は110万でした

  • 契約金40万円(昔はレンタル契約でした)
  • ポート費、年間10万円
  • 40万+10万☓7年=110万円

お得になった金額は、7年4ヶ月合計で、97万円

  • 発電で総額18万円
  • ガス代金割引が総額39万
  • 普通のガス湯沸かし器小型湯沸かし器を買わずに済んだので40万円

差し引き13万円ほどの赤字でした。

節約だけが目的だと、エネファームは導入しにくいですね。

発電量は18万円分

旧エネファームは、年間2万3千円分の電気を発電していました。

1ヶ月の発電量は、100kWh程度。
7年4ヶ月で、8800kWh程度の発電量です。

1kWh単価20円だとすると、通算で18万円弱、年間2万3千円くらい発電したことになります。

ガス代金の割引は39万円

エネファーム使うとガス料金の割引があり、その総額は39万円でした

昨年1年間のガス代が、19.5万円。

冬期(12月から4月)はエネファームと床暖で割引で最大が26%割引になって冬季のガス代合計は、119,001円。
合計約4.18万円割り引かれています。

春夏秋(5月から11月)が13%割引になって合計76,383円。
合計約1.1万円割り引かれています

年間割引額が、5.4万円。7年4ヶ月で39万円割引です。

新しいエネファームは黒字かも

新しいエネファームは、工事費や消費税込みで、140万円です。

いろいろ合わせても、エネファームでお得になるのは、169万円ですので、10年で25万円ほど黒字になるかもしれません。

エネファーム導入でお得になる169万円の内訳

  • 国の補助金:15万円
  • 自治体補助金:10万円
  • ガス給湯器の価格:40万
  • 発電:50万(10年分)
  • ガス料金割引54万円(10年分)
    旧エネファームの実績、年5.4万と同じと仮定
発電で50万円

最大発電能力は、旧型が1kWだったのが、新型だと0.70kWにスペックダウンしています。

しかし、新型は、賢くなったので、1年5万円くらい節約になるそうです。
旧型の実績2.3万円の2倍以上の節約が期待できます。

10年使っても節約額は、50万円。
半分で旧型並でも、も25万円なので、収支トントンです。

7年で寿命が終わると

発電と割引でお得になる金額が31万円減り6万円ほど赤字になります。

旧エネファームは、4万時間の発電で寿命が尽きましたが、新エネファームは7万時間の寿命があります。

旧エネファームと同じペースで発電すると12年と10ヶ月使える計算です。
10年は使えそうです。