お天気キャスター消滅へ

気象ニュースもAIが自動生成できるようになったとNTTデータが発表しています。

決算速報をAIに書かせることにした日経新聞で、失業の危機に見舞わる可能性があるのは新聞記者です。

気象ニュースをAIが自動生成で書くようになると、失業の危機に見舞わる可能性があるのはお天気キャスターです。

今のところ、実験なので、まだ改良が必要なようです。NTTデータが発表はよるとATの書いた原稿の出来ぐあいは、

  • 人が読んでも違和感の無いレベルの日本語になっている
  • 概ね気象電文と同じ内容の文書になっている
  • 意味が変な部分がわずかにあり、修正が必要こと

といったレベルだそうです。

NTTデータは、「意味の正しさ」を向上させて、気象分野における商用化を目指すそうです。

AIが書いた原稿を、3D映像の初音ミクが読み上げる未来は近いかもしれません。

さようなら、お天気キャスター